いろいろな帯結び – 【公式】 NPO法人 京都きもの塾 和み着つけ教室 | きもののほそみ

(北近畿エリアの着付け教室)
丹波市・舞鶴市・朝来市にて開催中

着付け教室

なごみ着つけ教室ブログkitsuke blog

2021/03/08

いろいろな帯結び

こんにちは、和み着つけ教室 ゆめタウン店です。

最近の天候は、三寒四温で体調管理が難しいですが皆さまお変わりありませんでしょうか?

今回も講師の勉強会のことをお話ししたいと思います。

今回もまずは、基本の自装から始めました。

基本とは??
長襦袢→着物→二重太鼓です。

次は、変わり結びをしました。
振袖の帯結びで一度は耳にされたことがある方もおられると思います。
『ふくら雀』早比楽美装では『華やかなふくら雀』と呼んでいます。

この結び方は皇室の未婚の女性が正装の時に結ばれておられます。
そのため、成人式などで振袖を着られる機会に『ふくら雀』を結んで下さいと頼まれることもあると聞きます。

結び方は比較的簡単なのですが、羽の大きさ、お太鼓の大きさのトータルバランスがとても大切で、少し大きさが違うとバランスが崩れて不格好になります。

着る人の身長などを考慮しバランスを考えながら結びます。

次は『美装太鼓』『末広太鼓』と変わり結びを3種類お稽古しました。

長らく変わり結びをしていなかったこともあり、形を作るのに悪戦苦闘し、帯枕を置く位置がなかなか理解出来ず、手取り足取り教えてもらいました(笑)

講師になる為の試験内容にあったのでお稽古をしたはずが・・・
なんでもそうですが、しないと忘れますね。

忘れていてももう一度やればまた出来るようになりました。

ずーっと前に前結びのお稽古に通っていたけど、今は忘れてしまって着物が着られなくなった復習組さんのお稽古の参加も受け付けております。

着物は着れるけど、帯結びを曖昧で・・・
長襦袢ベルト、腰ベルト、着物ベルトなどベルト系の合わせ方や、使い方が曖昧など気になることがありましたらご連絡お待ちしております。

もちろん、新規の生徒さんも大歓迎です。

無料体験の申し込みはこちらからどうぞ。

その他、疑問がございましたらこちらからお気軽にお問合せくださいませ。

きもののほそみ
(ゆめタウン店)
TEL0795-82-7000(営業時間10:00~20:00)

(舞鶴店)
TEL0773-78-3405(営業時間10:00~19:00)火・水・木定休日

アーカイブ
2021
2020