お着物を着ておでかけ – 【公式】 NPO法人 京都きもの塾 和み着つけ教室 | きもののほそみ

(北近畿エリアの着付け教室)
丹波市・舞鶴市・朝来市にて開催中

着付け教室

なごみ着つけ教室ブログkitsuke blog

2020/12/17

お着物を着ておでかけ

こんにちは、着かた倶楽部 ゆめタウン教室です。

今週から寒気が来るということで、週間予報では雪マークが・・・。
冬が確実に近づいていますね。
雪が積もらなければ良いのですが・・・

今回は秋期コースが終わったので、講師と復習組の一部の生徒さんとで着付けのお稽古をした後、食事会に行ったお話です。

秋期コースの打ち上げですね。

今回はスタジオで各自着たい着物と帯で自装しました。

生徒さん二人は小紋に名古屋帯のコーデ。
食事会に行くまでに十分時間があるので、自装されているところを講師が見て気になるところアドバイスし、ここでもひとつひとつの動作を丁寧にして下さいとお伝えしました。

いつものお稽古だと生徒さんが数名おられるので一人の人にかかりっきりになることがなかったので今回は一人の生徒さんにゆっくりかかわることができました。

生徒さんがなかなか衣紋が抜けなかったり、長襦袢の半衿に着物の衿がかぶさって半衿が見えなかったりで、苦手なところを繰り返しお稽古に励んでおられました。

お食事会に着物を着て行くのですから、綺麗に着たいですものね。

新規の生徒さんには修了式の後、着かた倶楽部主催の食事会があるのですが、復習組の生徒さんは初めて参加したコースが終わった後にすでに食事会に参加されています。

それで今回のコースが終わった後の食事会はなかったので、実費にはなりますが、講師たちと一緒に都合のつく生徒さんが食事会に参加されました。

春期コースが始まるまで間が空きます。
お稽古が始まるまでの間に少しでも着物を着る機会をつくってほしいと思っております。

お正月も挟みますのでコロナ禍でお出かけは難しいかもしれませんが、氏神様に初詣に行ったりされてみてはいかかでしょうか。

ご自宅やご実家でも着物を着てゆっくり過ごすのも良いですね。

せっかくお稽古をして自装ができるようになっていても間が空くと思うように手が動かなくなってしまうので、なるべく着物を着てほしいです。

年内のお稽古は終わりましたので、しばらくの間ブログはお休みいたします。

もっとブログを読みたいとリクエストしてくださる方がおられたら、春期コースのお稽古が始まるまでにブログを再開するかもしれませんが・・・

それでは皆さん良いお年をお迎えください。
無料体験の申し込みはこちらからどうぞ。

その他、疑問がございましたらこちらからお気軽にお問合せくださいませ。

きもののほそみ
(ゆめタウン店)
TEL0795-82-7000(営業時間10:00~20:00)

(舞鶴店)
TEL0773-78-3405(営業時間10:00~19:00)火・水・木定休日

アーカイブ
2021
2020